使い終わったウーロン茶葉の利用法

使い終わった茶葉の利用法

「使用済みの茶葉を捨てるのが勿体無くて、こんな使い方をしています」という メールをよく頂きます。
その中で代表的なものを紹介させて頂きます。

使用済み茶葉を乾燥させて脱臭剤代わりに使っている。
(自然乾燥でも良いですが、茶殻を絞ったあと、電子レンジにかけて水分を飛ばすと乾燥が早くなる。)
冷蔵庫やトイレ・押入・靴箱や、部屋など、匂いの気になる場所に置く方が多いようです。

そのまま生ゴミ入れに入れる(捨てる)と、生ゴミが臭くなくて良い。

など、脱臭効果を期待されて利用される方が多いようです。 また、上の写真のようにビンやガラス容器(百円ショップでも売っています)に入れると、 インテリア性もアップして良いそうです

写真は凍頂烏龍茶の茶殻をグラスや園芸用のガラス容器にいれたものです。

その他、茶葉料理に利用されたり、園芸用の肥料として利用される方もおられます。わたしもプランターの土に肥料として乾燥させた使用後の茶葉を混ぜることがあります。

(注) 逆に、茶葉は香りを吸いますので、飲む前のお茶は、密閉容器(茶缶・アルミパック)などで保存してください。 長期間放置すると味・香りが徐々に落ちていきます

★様々な台湾ウーロン茶★ ●花茶と工芸茶● ■中国茶器の本格セット■