金萱茶(きんせん茶)

写真の茶葉は鹿谷郷凍頂山でとれた金萱茶(きんせんちゃ)です。
金宣茶と書かれていることも多いですが、正しくは金萱茶です。
鹿谷凍頂金萱茶 (きんせんちゃ)

金萱茶は、「台農8号」と「硬枝紅心」という品種を人工交配させて作った「金萱種(台茶12号)」という品種から作られています。
(ちなみにこの「金萱」という名前は、品種改良の父・呉振鐸博士のお母様のお名前なんだそうです。)

金萱茶の特徴として、独特のミルクのような、バニラのような香りがあります。
甘い香りですが自然のマイルドな香りです。
この香りを乳香といいます。

最初はこの乳香が感じられますが、一方烏龍茶らしいコクが感じられ、独特な味わいです。

飲んだ後はのどの奥でずーっと甘い香りが残り、自分の中から
ほんわりと香りが立ち昇って来る
様に感じます。
体の中から幸せな気分になります。

甘い香りと優しい魅力で女性に大人気な金萱茶です。

楽天でいろいろな金萱茶をみてみる

金萱茶の煎れ方(入れ方・淹れ方)・飲み方

茶葉の量:茶壺の大きさにも寄りますが、茶壺の底が隠れる程度。
平均的な大きさの茶壺(120〜200cc程度)の場合、約5〜7g程度。

湯温:95度〜100度

蒸らし時間:1煎目は30秒から1分程度。 濃い目が好きな方は1分ほど蒸らしても。
2煎目以降はお好みによって少しずつ長くしていってください。

★金萱茶のご購入はこちら★

★様々な台湾ウーロン茶★ ●花茶と工芸茶● ■中国茶器の本格セット■