つげ櫛(柘植櫛・黄楊櫛)について

古来から日本人女性に愛用されてきたつげ櫛

化学製品の櫛やブラシと異なり、静電気がほとんど起こらないため、枝毛や切れ毛になりにくく、また頭皮への刺激も優しく、キューティクルを傷めません。
つげ櫛のヘアケア効果についてはコチラ
 つげ櫛愛用者の声はコチラ

また、 椿油を染み込ませて使用するため、 髪に自然な艶と潤いを与えてくれます。

使いはじめてすぐに櫛通りの良さ・頭皮への刺激の心地良さを実感し、

使い始めて数週間から数ヶ月経った頃には、いつの間にか髪が艶やかな美しい髪になっていることに気付かされます。

従来は「 和装の際の飾り櫛 」「年配女性が使うもの」というイメージを抱かれがちだった部分もございますが、

昨今では 椿油を使用したヘアケア商品 の流行や自然のもの・オーガニックのものを好まれる方が増えたこともあり、

マスコミなどで紹介される機会が増え、若い女性にも認知され、支持されています。

また、静電気が起こらないことと頭皮への刺激が優しいことから、抜け毛・薄毛対策として使用される方もおられます。
抜毛・薄毛と静電気についてはこちら


現在では「つげ櫛」を木櫛の総称として用い、「つげ」とは異なる安価な木櫛を「 つげ櫛 」と呼んで安価で販売している場合もありますが、
つげ櫛」とは元々、その名の通り、「つげから作られた櫛」を意味 してきました。

つげは他の木よりも成長が遅い為、緻密で弾力がある素材で、古くから櫛の原木として使用されてきました。

その性質から表面が滑らかで櫛通りが良く、頭皮への刺激も優しい櫛になります。

そのつげの中でも最高とされるのが、鹿児島県指宿周辺で採取される 「薩摩つげ」です。

輸入のつげの産地(東南アジア・中国など)と比べると日本は気温が低く、その分、つげの成長は遅くなります。

それ故、 薩摩つげ輸入材と比べるとさらに緻密で滑らかな素材になります。

国産の薩摩柘植で作られたつげ櫛 は輸入の柘植(職人さんの中にはこれをシャム材と呼んで、国産の柘植と区別している人もいます。原木の産地を明示せずに「本つげ」と表示しているものは大抵シャム材などの輸入材です。)で作られたものに比べると高価ですが、その櫛通りの良さ、滑らかさ、ヘアケア効果の高さ から古くからつげ櫛の中でも高級品 として用いられてきました。

椿油をしみ込ませながら大事に使用すると一生ものです。
母から子、子から孫へと 1つの櫛を大切に受け継いでいかれている方もおられるほどです。

国産の薩摩柘植(さつまつげ)で作られた最高級のつげ櫛輸入材で作られた櫛よりも相場的には倍ないし3倍、それ以上しますが、その完成度、質感、ヘアケア効果の高さなどから大変人気 です。

元々つげ櫛を使われていた方でも、薩摩つげ製の つげ櫛 を使われると、
「薩摩柘植と輸入の柘植とでこんなに違うとは思わなかった。」 とおっしゃる方も大勢おられます。

★薩摩つげ櫛のご購入は楽天市場で★

★人気のつげ櫛・つげブラシ★

国産さつまつげのつげ櫛

ブックマークに登録
はてなに追加
MyYahoo!に追加
livedoorClipに追加
Googleに追加

ブックマークプラス by SEO対策

友達にメールですすめる