福鹿茶(ふくろくちゃ)

福鹿茶は主に台東縣鹿野郷、卑南郷を産地とするお茶のことです。
高台に約400ヘクタールの茶園が広がり、青心烏龍種をはじめ、翠玉種、金萱種、仏手種などが栽培されています。

台東は東台湾最大の茶の産地です。
福鹿茶の名付け親は李登輝元総統。1982年にこの地を視察に来た際に、茶農家の人に名付けを頼まれて「福鹿茶」と名付けたそうです。

また、近年、台東縣の太麻里郷、金峰郷の海抜800mから1200mの台地でとれるお茶は 「太峰茶」というブランド名で売られるようになりました。

いろいろな台湾烏龍茶をみてみる

★様々な台湾ウーロン茶★ ●花茶と工芸茶● ■中国茶器の本格セット■