港口茶(がんこうちゃ・こうこうちゃ)

港口茶は台湾最南の茶の産地、屏東縣満州郷港口村でとれるお茶です。

たいへん苦味のある味わいが特徴。

100年以上前に福建省から持ってきた茶樹を海抜300メートルほどの山地に植えたのが港口茶のルーツです。

今では新品種も植えられていますが、生産量は限られています。
烏龍茶の品種ですが、緑茶の製法で作られています。

茶園は太平洋に面しています。
日照時間は長く、 海風と受けて茶葉は比較的厚くなり、特別な味わいとなります。
口に入れた瞬間は苦味を感じますが、追って甘みが感じられるのが特徴です。

いろいろな台湾烏龍茶をみてみる

★様々な台湾ウーロン茶★ ●花茶と工芸茶● ■中国茶器の本格セット■