包種茶の名前の由来とエピソード

包種茶は、清代同治年間(1862〜1874)に、中国の安渓の茶農が発案したと言われています。

当時は製茶後に人工的に花の香りをつけて売られていましたが、

1881年に台湾に渡ってからは、文山地区の茶農により、
自然の力で茶葉から花の香りを引き出す工夫が重ねられ、
現在の独特な清らかな飲み心地が作り上げられました。

包種茶

包種茶がまだ台湾に伝わってくる前には、包種茶は長方形の紙に包んで売られていたので、 「包種茶」という名前になったそうです。

また、台湾では包種茶は縁起がいいお茶だと言われています。

包種茶の「種」という字と、「当たる、叶う」と言う意味を持つ「中」という字の発音が同じだからなんだそうです。
(アクセントは違います。「橋」と「箸」をかけるみたいな感じです)

包種茶の名前の由来

勝負事や、受験などにのぞむ人に「○○祈願」で包種茶を贈ったりするそうです。

2003年4月に坪林で開催された「茶芸博覧会」では、
陳水扁総統も再選を願って、包種茶を紙に包む 実演をしたのだそうですよ♪

お茶物語 中国茶の名前の由来 トップへ

★様々な台湾ウーロン茶★ ●花茶と工芸茶● ■中国茶器の本格セット■